こんな私でもできる仕事を見つけよう!

未経験OKの記載が鍵

自分に自信が無いなどの理由で、働くことに踏ん切りがつかない方は多いです。難しそう、自分には無理などのネガティブな思考に支配されてしまうと更に働くことが難しくなります。そこで一つの目安にしたいのは未経験OKの仕事です。未経験というのは会社にとってマイナスな存在である可能性が高いですが決してそうではありません。
経験者は少なからずその分野の知識を有しているので仕事をスムーズにできる反面、前職の癖が染みついているので現職のやり方が合わない可能性があります。その点、未経験者は現職のやり方を一から学んで仕事をすることになるので前職の癖によって違和感を感じることがありません。このように未経験というのはネガティブに捉える必要がないのです。

頭を使わない単純作業

機械ができることが多くなってきましたが、それでも人の手でしかできないこともあります。特に工場における検品や梱包などは単純な作業ではありますが機械では難しいです。機械は正しい設定をすれば適切な製品ができますが、それでも不良品もできてしまいます。
不良品を排除する工程を設けている工場もありますが、大抵は検品者を配備して人の目で検品します。人の目も完璧なものではありませんが、検品者を配備するか否かでは大きな違いがあります。責任は重大ではありますが、作業としては製品を検品するだけなので特別難しいスキルが必要という訳ではありません。梱包も、最初は方法を学ぶ必要がありますが慣れれば素早くできるようになります。